HOME >浮気調査のメリット・デメリット

浮気調査のメリット・デメリット

浮気 探偵・興信所に浮気調査を依頼するにあたってのメリットとデメリットについてご説明します。
長年数々の浮気事案を扱う、弊社の現役の相談員が、浮気調査に対するメリットとデメリットについて本音を語りますので、ぜひ熟読頂き浮気調査を効率的な物にして頂ければ幸いです。
浮気調査で失敗しないための近道をナビゲートいたします。

どのような目的で浮気調査をするのか?

浮気調査を依頼する理由は、大きく分けて「離婚に向けた証拠集め」(不貞行為の立証)、「夫婦関係をやり直すため」(夫婦関係修復)の2つに分かれます。

離婚をするための証拠集め

浮気を理由にパートナーとの離婚をする場合(慰謝料請求を含む)、パートナーがあなた意外の異性と継続的な肉体関係にあったと言う事実が、客観的に見て分かる明白な証拠として必要となります。
お互いに離婚に合意している場合でも、パートナーや浮気相手に対する慰謝料請求を考えるならば裁判所が認定しやすい明白な証拠を揃える必要があります。
裁判でも使える証拠は

1.浮気相手とあなたのパートナーがホテルや自宅または相手宅に出入りする写真

2.浮気相手と継続的な関係性が窺えるLINEやメール、日記などのデータ

3.写真やプリクラ、写メなどの2ショットの写真

などが分かりやすい証拠としてあります。
これらの1つの証拠では、不貞行為の有効的な証拠とみなされることは少なく、複数の状況証拠を積み重ねて用意する必要があります。
特に、近年多いお問い合わせの1つに「LINEのテキストデータをパートナーのスマホから抜き取ることができ内容に不貞行為を窺わせる内容があるので不貞行為の証拠にならないか?」と言ったご相談が急増しています。
弊社の業務提携先弁護士の見解からすると、「LINEのテキストデータ」のみで浮気相手に慰謝料請求したり不貞行為の認定を裁判所から受ける事は厳しいようです。
では、なぜ「LINEのテキストデータ」のみでは不貞行為の証拠として弱いのでしょうか…?
通常、裁判所が認定する不貞行為の有効的な証拠は

「いつ?」「どこで?」「誰が誰と?」「何をしていたか?」

が、重視されます。
つまり、「LINEのテキストデータ」のみでは「誰と?」の部分だけでもLINEの名前が本名でなかったり、「どこで?」では、具体的な地名や名称が表記されていなかったりすることで不十分な状況証拠となってしまいます。
では、「LINEのテキストデータ」って証拠能力がないの…??
いえいえ、決してそんなことはありません。しっかりとした本証拠があれば補足資料として、継続性の立証を裏付ける有力な証拠になります。
裁判所が認める証拠として、「いつ?」「どこで?」「誰が誰と?」「何をしていたか?」。弊社の調査報告書には、「いつ?」「どこで?」「誰が誰と?」「何をしていたか?」が日時入りの写真と説明文でしっかりと明記されています。
しっかりとした浮気調査を行った上で、LINEのテキストデータや写真やプリクラ、写メなどの2ショットの写真を付随資料として提出すれば、より強い証拠能力を発揮します。

夫婦関係をやり直すための浮気調査

パートナーが浮気をしているというのは、夫婦関係において良い状態ではありませんよね。
浮気をする人というのは、心のどこかで「浮気がバレなければ大丈夫」や「バレても何とかごまかせる」と思っている節があるようです。
そんなパートナーの浮ついた心を改心させるためにも浮気調査はとても有効です。
浮気調査でしっかりとした不貞行為の証拠を集めておけば、パートナーから万が一、「離婚したい」と言われても大丈夫なのです。
「有責配偶者」と言う言葉をご存知でしょうか?
有責配偶者とは、自ら離婚原因を作って婚姻関係を破綻させた者と言う意味になります。現在の日本の民事裁判において、有責配偶者からの離婚請求は、原則として認められない事になっており、万が一、パートナーの浮気が本気になってしまい離婚したいと言われたとしても有責配偶者であるパートナーからの離婚の申し出は原則的に許されません。
しっかりとした浮気調査を行い、不貞の証拠を集めておけば、あなたからの離婚の申し出は認められ、パートナーからの離婚の申し出は認められないのです。
つまり、お子さんの教育的環境のタイミングや経済的収入の状況などあなたのタイミングで離婚することもできますし、一生離婚させない事もできるのです。
もちろん、浮気相手への慰謝料請求もできます。
弊社にご相談に来られる方の中には、「離婚まで考えてないので、証拠というより事実確認がしたい」そんなお客様もいらっしゃいますが、弊社としましては、離婚の有無に関わらず、しっかりとした不貞行為の証拠を集めることをおすすめしています。
「備えあれば憂いなし」あとから後悔することのないように専門家である私たちと一緒に夫婦関係の修復に立ち向かいましょう。

優良探偵社の見分け方

総合探偵社リザルト埼玉は、下記の優良探偵社基準を全て満たした健全な運営を行う探偵社です。
おかげ様でクレーム、料金トラブル0件を創業以来、8年連続で継続しております。

公安委員会に探偵業の届出を行っているか

会社の所在地の概要が公開されているか

(社)日本調査業協会への加入をしているか

ホームページ上に料金提示をしているか

電話相談した時点で具体的に見積もりをしてくれるか

調査中の連絡(リアルタイムな報告)は可能か

調査員は何名態勢で行うのか

弁護士の紹介などアフターフォローは充実しているか

調査におけるメリット・デメリットを説明してくれるか


ご相談のお問い合わせ先

弊社では、お客様のご要望にできる限りお応えしたいと考えております。
こんな事で悩んでいる。こんな調査できるの?などお気軽にご相談下さい。相談員があなたの事案に併せた調査プランをご提案させて頂きます。

コールセンター0120-266-410(24時間対応・通話料無料)

お客様からのご相談には、専門の相談員が対応し秘密厳守・個人情報の保護を徹底しております。ご安心の上、お気軽にご相談ください。 →メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る